So-net無料ブログ作成

コスモスの中を往く [保存車両]

photo-100926_001.jpg
2010年9月26日 宮城県 大崎市

松山人車軌道/大崎市松山町の人車運行に行って来ました


宮城県大崎市松山(旧松山町)のコスモス園でコスモス祭りが始まり、祭りに併せて日本では唯一乗ることができる人車運行も行われました。今日の大崎地方は秋晴れの晴天との予報、早速初日の今日行って来ました。
 
松山人車軌道の人車は営業当時は全4両在籍しており、その内の2両が解体を逃れ埼玉県さいたま市の鉄道博物館と宮城県大崎市の松山ふるさと歴史館に保存されています。どちらも文化財級のものですので実際に運行に使用されるのは、これらの車両と当時の図面を元に平成4年にJR東日本で製造され、普段は地元大崎市松山酒ミュージアムに展示されている複製車両が使用されています。

photo-100926_002.jpg
2010年9月26日 宮城県 大崎市

車夫も雰囲気のあるスタイル


コスモス園の人車軌道は、今年は車夫は一人増えて三人。二人が車輌の後ろを押し、一人が手前側で牽引(実際は殆ど機能していない)や、前方確認、ブレーキを掛けたりする役で、コスモス畑の周縁をU字に敷かれた線路を行ったり来たりします。折り返しは車夫は前後が入れ替わります。ちなみに現役当時は一人ないしは二人で押していた写真が存在します。

車夫の方に話を聞きましたが、「そんなに重くないが、カーブとちょっとした勾配はそれなりに力がいる」とのことでした。乗車する人の多寡は牽引にはあまり関係ないとのことで、物好きな自分も少し押してみましたが、一旦走り出すと直線はそれ程力は要らないように感じました。車体の前後に木製のブレーキレバーが付いていますが、車夫の方はそれを使わず手で止めていました。もしかすると強度の面で問題があるのかもしれません。

photo-100926_003.jpg
2010年9月26日 宮城県 大崎市

車内からの様子


動力が人力ということもあってスピード感はまったくありません。時々、レールのつなぎ目辺りで「ガランゴロン」という音が鳴り、シンプルな台車バネの揺れを体感出来ます。興味のある方は行かれてみては如何でしょうか。観光協会の人の話しですとコスモスの見頃は「天候にも拠るが来週辺り」とのことでした。

場所: 宮城県大崎市松山御本丸公園コスモス園(JR松山町駅から車約5分、または徒歩約40分)
今年の運行日: 9/26, 10/2, 3, 9, 10

時間: 10時頃から15時頃まで
乗車料金: 一人片道200円(幼児無料)
問い合わせ先: 松山総合支所産業建設課 TEL(0229)55-2114
nice!(29)  コメント(8) 

nice! 29

コメント 8

FTドルフィン

これは素敵な“鉄道”ですね!
ゲージは610mmなんでしょうか。
by FTドルフィン (2010-09-26 23:07) 

PylorI

かわいい♪
by PylorI (2010-09-27 08:03) 

u-k

こりゃ楽しそう。
by u-k (2010-09-27 12:32) 

schnitzer

コスモスが綺麗ですね。
このような写真が撮ってみたいです!
by schnitzer (2010-09-27 21:18) 

CARRERA

これも守備範囲ですか?さすが幅広い!
by CARRERA (2010-09-29 20:39) 

響希

初めまして。個人的に、幻想的な雰囲気の一枚目の写真が好きです。こんな風に撮ってみたいですね。
by 響希 (2010-09-29 20:40) 

しおつ

車両より細いレールに萌えます。
JRでも側線に残る細いレールを見るとわくわくしてしまいます。
by しおつ (2010-09-30 23:02) 

enmiho

かわいらしい~☆
by enmiho (2010-10-02 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。