So-net無料ブログ作成

早出川橋梁を渡る [磐越西線]

photo-091024_003.jpg
2009年10月24日 磐越西線 五泉-猿和田

定番撮影地で迎え撃つ昭和の面影


今年の設定は11月初旬に変更された磐西・只見ぐるり一周号。昨年はキハ52・58・28の豪華編成が充当されるのも最後ということで沿線の人出はかなり多かったように思います。

この日は定番早出川橋梁から撮影開始。撮影初っ端からどん曇りだと高揚感も削がれるのですが、この季節、朝早い時間の越後平は確率的には曇りかガス掛かった天候が多いですから、ここは想定の範囲内(苦笑)。こんな時はきっちり編成写真をと意気込んで撮影開始。蒸機運行の時は煙で隠れる鉄塔が目立つ結果にはなりました。それでも満席の人影と絶妙な曇り具合が相まって、あの時代の通勤列車の雰囲気出すのに一役買っているから面白いところです。余談になりますが、こういった微妙な天気の場合、CCDで撮るよりCMOSの方が雰囲気が出ると思うのですが、如何でしょうか?
nice!(21)  コメント(4) 

nice! 21

コメント 4

のり君

あ~、それ分かります。
曇天の日はα-7Dよりα700の方が良い結果が出ますから。
by のり君 (2010-10-16 20:42) 

cloud9

撮り鉄さんも日本全国から来たりしますもんね^^
僕の先輩も撮り鉄の人がいて、しょっちゅうアッチコッチに行ってます^^
by cloud9 (2010-10-17 22:18) 

yas

センサーによる出来上がりの質感違いってありますよね。
それにしても豪華です。
by yas (2010-10-18 11:57) 

寂光

懐かしいカラーリングです。
このカラーリングの意味はあるのでしょうか。
by 寂光 (2010-10-18 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。