So-net無料ブログ作成
検索選択

古津軽の街並を横目に [弘南鉄道大鰐線]

photo-110212_002.jpg
2011年2月12日 弘南鉄道大鰐線 大鰐-宿川原

鉛色の平川沿い

昨年、偶然に車窓から撮った場所 は、実は手前に道路もあり、車でも容易にアクセスが可能なところだった。古い津軽の街並みが見られるこの場所は何気にお気に入り。折角だから川も入れてみたいと思って、川岸を降りて撮影を試みてみました。豪快に雪を掻く場所ではないけれど、鉛色に鈍く光る川と鄙びた街並みを横目に、雪を掻きながら走って往くキ105とED22 1は、普遍的な古津軽の情景として心を放しません。

nice!(26)  コメント(5) 

市街地を駆ける [弘南鉄道大鰐線]

photo-110212_008.jpg
2011年2月12日 大鰐線 中央弘前-弘高下

土淵川に沿って

煙のない蒸機は迫力がないのと同じで、雪を掻かないラッセルもあまり迫力が出ないようです。とは言っても、あまり市街地で派手に雪を蹴散らすのも違和感を感じるような気もしますが(笑)。という訳で、流し撮りで迫力を出してみようという方策に出ました。よく見ると、ヘッドライトがついていなかったり、ウイングが閉じていたりしますが、それもそのはず、実は返しの回送なのです。絵から抱くイメージと裏腹に逆方向へ走り去る、インチキ写真なのです(苦笑)。某誌のフォトコンのテーマ、「後追い」に出品したらどんな顔されるのでしょう?
nice!(27)  コメント(7) 

冬の合間に [弘南鉄道大鰐線]

photo-110212_003.jpg
2011年2月12日 弘南鉄道大鰐線 鯖石-石川プール前

廣峰神社の脇を往く、キ100形ラッセルとED22形凸型電機

先週の三連休、天候が崩れるという天気予報を元に津軽入りしました。ところが元来晴れ男の自分、残念(?)な事に低気圧が逃げて行ってしまう始末。全国各地で雪が降っていた中、何故か津軽は雪が殆んど降りませんでした。今回はいつもお世話になっているchao さん に加えて、ebitks さん とも合流しての撮影行、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

天候が天候だけにラッセルの出動はないだろうと思っていましたが、何と二年連続でフォト・ランに遭遇。運が良いのか悪いのか判りませんが、折角ですので、心苦しくも便乗させて頂きました(企画頂いた関係者様、ありがとうございます)。まずは、大鰐線の定番撮影地、鯖石-石川プール前間の直線で撮影開始。車両の長さが一般車両と異なるので、戸惑いました。鉄道写真的に言えば串パンはNGなのでしょうが、他とのバランスを考えるとこの辺が自分のアームの限界かと。
nice!(26)  コメント(8) 

白き里往く日本海 [奥羽本線]

photo-110212_001.jpg
2011年2月12日 奥羽本線 大鰐温泉-石川

携帯電話で撮ってみました

カメラ付き携帯電話というよりは、携帯電話付きカメラといった方が正しいような携帯 に機種交換したので、折角だから使ってみました。

4000×3000ピクセルで480dpiというスペックは今時としてどういったランクのものなのかはわかりませんが、良く言えば自然な感じの描写、悪く言えば野暮ったい描写と思いました。携帯カメラにありがちな、いたずらにシャープネスを上げるような描写はあまり好きではありませんので、個人的にはまぁまぁかなと思っています。ただ、電池の消耗が醜いのには閉口しました。


一応、メインカメラの方でも


nice!(29)  コメント(10) 

薄暮 [米坂線]

photo-090211_006.jpg
2009年2月11日 米坂線 米沢-南米沢

置賜の夕べ


蒼い闇が近付く時間、古豪キハ52 127が駆ける。雪が少ない米沢平は、風の冷たさがのみが強調され、寒さが余計に染みるようだ。
nice!(24)  コメント(2) 

眠らぬ街の喧騒の中で [中央本線]

photo-110205_001.jpg
2011年2月5日 中央本線 新宿大久保

不夜城の如く


先週末はブログ仲間であるsonic さん の絵画展、水彩・油彩「人の生活がある風景」と、写真家の米屋浩二 さん の写真展、「アジアン鉄道で行こう」を見に東京まで出掛けてきました。

アートと呼ばれるものの胡散臭い衒いや、尊大で自意識過剰な作家さんや、それを取り巻く人々が大の苦手で、普段、他人の写真や絵画に触れる機会のまったく無い自分ですが、お二方の性格が滲み出ている作品の数々は、すっと感情移入出来て、味わい深くもあり、興味深くもあり、存分に楽しませて頂きました(挙動が変で、碌なコメントが出来なかったのはいつもの仕様ですw)。また、絵画展でご一緒させて頂いた、FTドルフィン さんschnitzer さんboo さん駅員3 さんyogawa55はやぶさ さん、楽しい時間をありがとう御座いました。

帰る前に、折角だから何か撮っておこうと思い立ったが吉日で、西新宿の交差点から一枚。若かりし頃はBootlegを漁りにこの辺をよく徘徊していたのですが、久々に都会に来たオノボリサンの田舎もんとしては、正直、人が多過ぎて疲れましたとさ(苦笑)。
nice!(30)  コメント(9) 

淡く白い誘惑 [米坂線]

photo-090207_012.jpg
2009年2月7日 米坂線 成島-中郡

鉛雲重く


2月としては異例に雪が少かった米沢平。積雪は鐵路を隠すことなく、このまま春の足音が聞こえて来そうな雰囲気。だが、雲は切れ間なく空を被い尽くしたままだ。寂寥の空の下、ゴールデンコンビは米沢平を駆けて往く。

この後、ちょっと閃いての次のショットこちら
nice!(25)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。