So-net無料ブログ作成
検索選択
津軽鉄道津軽鉄道線 ブログトップ
前の5件 | -

歓待 [津軽鉄道津軽鉄道線]

photo-120102_001.jpg
2012年1月2日 津軽鉄道線 津軽飯詰


nice!(25)  コメント(2) 

津軽の馬の背の麓で [津軽鉄道津軽鉄道線]

photo-110103_002.jpg
2011年1月3日 津軽鉄道線 深郷田-大沢内

穏やかな三ヶ日の朝


仙台市民的感覚ですと、正月は初売りというイベントもあるので、特に近年は騒々しい喧噪に包まれてウンザリ気味なのですが、この辺の方はあまり外へ出ないのか、地域全体が昔ながらの正月といった落ち着いた雰囲気でした。

この日はちょっと誘われて、中里駅でのイベント を見て来ました。特に人形劇は、こういうモノを見る時どうしても技術面でシビアに見てしまって楽しめない自分が見ていても面白かったです。ただ、帰って津軽出身の会社の人に話ししたら、「本来あの劇はもっと猥雑なものだよ。」とのこと。ああ、やはり。
nice!(29)  コメント(4) 

舞雪 [津軽鉄道津軽鉄道線]

photo-110102_002.jpg
2011年1月2日 津軽鉄道線 川倉

粉雪舞う中、川倉の停車場に着くストーブ気動車(?)


横殴りの地吹雪、厳冬と闘う鉄道車両… なんてものを期待しつつ、正月早々津軽詣でをしてきました。幸か不幸か、地吹雪には全く遭遇しませんでした。地元の友人曰く「そんなに毎日地吹雪だったら疲れちゃうじゃん(標準語訳)」とのこと。まぁ、確かにそうなんですが、津軽=地吹雪、厳冬のパブリックイメージで来ている、無責任でボキャブラリーの少ない旅人にとっては、こういった時に引き出しの少なさを痛感する訳です。

自分の不甲斐無さを棚に上げて、何だかんだ言っても、津軽は好いです。
nice!(26)  コメント(6) 

白路行 [津軽鉄道津軽鉄道線]

photo-100110_006.jpg
2010年1月10日 津軽鉄道線 毘沙門-津軽飯詰

荒涼とした雪原を往く


地吹雪が横殴りに吹きつける 叩きつける津軽平。厳しい風雪は、かっちょに覆われた集落も、遠くの山々も、全てを白く覆いつくし無に返す。後には、ただ、大地に突き刺さった墓標のような電信柱と、ストーブ列車の残像だけが残った。

nice!(26)  コメント(2) 

夏の空、秋の風 [津軽鉄道津軽鉄道線]

photo-100829_005.jpg
2010年8月29日 津軽鉄道線 芦野公園-川倉

藤枝の集落を往く混合列車


この日はchaoさん の積荷になって、色々回らせて頂きました(神武食堂の坦々麺美味しかったです)。本当は「かっちょ(地吹雪対策の防雪柵)」か藁葺き屋根の民家との組み合わせで… なんて考えていましたが、時間も押してしまい、隙間から狙えそうなところはこのサイロのある辺りのみ。津軽というよりは、もうちょっと北方面の風景っぽい気もするけれど、夏空に秋の風を感じた奥津軽の一コマでした。

nice!(27)  コメント(6) 
前の5件 | - 津軽鉄道津軽鉄道線 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。